脳梗塞とはどんな病気?原因と症状について

脳梗塞は、脳の血管に血栓が詰まったり、
何らかの原因で血管が細くなり酸素や栄養が脳に届かなくなることで起こる病気です。

脳梗塞には
  1. ラクナ梗塞
  2. アテローム血栓性脳梗塞
  3. 心原性脳塞栓症
の3つのタイプがあります。

脳梗塞の原因

脳梗塞はタイプによって原因が異なります。

ラクナ梗塞

ラクナ梗塞は、加齢によって起こる高血圧や動脈硬化が原因です。
高血圧や動脈硬化は血管の収縮を異常な状態にするため、毛細血管が詰まりやすくなり血栓が出来てしまいます。
現時点では脳梗塞の約半分はこのラクナ梗塞と言われています。

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞は、頸部や脳の太い血管が詰まったり、血液の流れが悪くなったりして血栓が出来、それが剥がれて血管の先端部につまることで起こります。
主な原因としては、高血圧や糖尿病、脂質異常症など生活習慣病や、血流を悪化させる喫煙が挙げられます。
これは近年増えている脳梗塞で、若い人でも注意が必要です。
心原性脳塞栓症は、心筋梗塞や心臓弁膜症など心臓の疾患が原因です。
心疾患によって心臓に血栓ができ、この血栓が脳まで流れてしまって詰まることで引き起こされます。

脳梗塞の症状

脳梗塞の症状は、
血管の詰まり方や詰まった状態が
どれだけ続いているかによって異なります。

軽度であれば、
物が二重に見える複視などの視覚障害、
物をうまく飲み込めなくなる嚥下(えんげ)障害、
健忘症などの症状があります。

ただし、長期間脳梗塞の状態が続くと、
脳は体の機能のすべてを司っているので重篤な症状が起こります。

神経の麻痺によって片方の手足が麻痺したり、
重篤な症状だと両方の手足が動かなくなる四肢麻痺などの神経障害、顔面や手足の感覚障害、言葉が理解出来なくなる失語症、そして脳梗塞の症状でもっとも典型的な突然意識を失う意識障害などが挙げられます。

重度の症状になると日常生活を送ることは難しく、
リハビリをしても社会復帰できないこともあります。

以前は高齢者に起こりやすい疾患でしたが、
今は若い人でも発症率が高まっているので年齢に関わらず注意する必要がある病気です。