どういうふうに治療すればいいの?

脳梗塞の治療は、
症状の度合いや発症後の時間、
脳梗塞の種類などによって方法が分かれます。

 

また発症していなくても、
検査によって一過性脳虚血症が発見された場合も治療を行いますが、
大きく分けると内科的治療と外科的治療の2種類になります。

 

内科的治療と外科的治療

内科的治療は薬物を使った治療法で、
血液の固まりを溶かす抗血栓薬、脳を保護する薬、血液が固まらないようにする抗凝固薬、
脳のむくみを抑える薬などを症状に合わせて使用します。

 

脳梗塞の治療は時間との戦いであり、
発症後の時間経過によって治療法は細かく分かれています。

 

発症後4.5時間以内であれば、
血栓溶解療法で血液の流れを改善して細胞が壊死するのを防ぎます。

 

それ以上時間が経過している場合は、
血流を回復させる薬を使ったり、
血流が止まることで起こる脳の浮腫を軽減させながら、
脳のダメージを減らすために保護薬で治療をしていきます。

 

外科的治療は一般的には再発させないための治療で、
頚動脈ステント留置術と頚動脈内膜剥離術の2つの方法があります。

 

頚動脈ステント留置術は、カテーテルを血管内に通して、
狭窄部分にステントという金属の筒を挿入し、
血管の太さを保てる状態にすることで血液が正常に流れるようにする手術です。

 

頚動脈内剥離術は、
狭窄を引き起こしている粥腫を取り除いて血液がスムーズに流れるようにする手術です。

 

脳梗塞の治療方針

治療の中心となるのは、
症状を悪化させない再発させないための薬物治療ですが
症状の度合いに合わせて治療方針を組み立てて回復を目指します。

 

治療方針によって、リハビリテーションと血圧管理、
体液管理をして状態を見ながら薬の量を調節していきます。

 

中でもリハビリテーションはとても重要で、
リハビリをすることで日常生活に復帰できるまでの期間が変わります。

 

治療方針次第で回復の状態がまったく変わってきますから、
薬物だけに頼らず、医師の方針をしっかり守って治療するのはとても大事なことです。

 

一般的には1ヶ月を目処に独歩を目指す治療方針が
組み立てられますが、スムーズにプラグラムを進めるためには
早期発見早期治療が重要になります。