脳梗塞は、
主に高齢者や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の疾患を持っている方に
起こりやすいとされています。

年齢を重ねると血管の柔軟性がなくなったり、
高血圧は血管を傷つけますし、糖尿病は血液が固まりやすくなるので
脳梗塞が発症しやすいのです。

ですが、脳梗塞リスクが高い体質というのもあるため、
年齢に関係なくかかる病気でもあります。

ですので脳梗塞になりやすい体質をしっかりチェックして、
自分に当てはまっていないか確認しておきましょう。

脳梗塞リスクの高い体質とは

脳梗塞は血管が詰まったり、血栓ができることで引き起こされるので、
血流を阻害するような体質がリスクの高い体質になります。

具体的に言うと、まず挙げられるのが肥満体質です。

肥満の状態は人によって異なりますが、
コレステロール値や中性脂肪値が高いと血液がドロドロになり流れが悪くなります。

また脂肪が付きすぎていると、
血管が圧迫されて細くなるので血流が阻害されます。

それに肥満は生活習慣病の原因にもなるので、
あらゆる側面から脳梗塞のリスクを高めるので、ダイエットや運動などで改善するようにしましょう。

そして、冷え性や肩こり、偏頭痛など血液の流れが
悪いことで起こる症状が慢性化している方も注意が必要です。

こういった体質が直接脳梗塞に関係するわけではないものの、慢性化するということは血液を正常に流す力が低下しているということです。
ですので血流が悪いことで起こる症状が出ている方も、
脳梗塞のリスクが高いと言えるのですね。

また、体質ではありませんが、
喫煙や過度の飲酒習慣、ストレスがある方も気をつけなくてはいけません。

タバコに含まれる有毒物質は血液を収縮させて、
血液の流れを低下させますし、動脈硬化や心疾患の要因ともなります。

お酒を飲むと血流が良くなりますが、
そのせいで血圧が高まるので動脈硬化が進行します。

ストレスは交感神経が活発に働き、
血管の収縮が激しくなることで血流を乱して流れにくくします。

そもそも、こういった生活習慣を持っている人は
生活習慣病にかかりやすい体質になっているため、脳梗塞のリスクを高めてしまうので気をつけましょう。